Dubai
ドバイ

Dubai
ドバイ

Dubai
ドバイ

TOP > DUBAI

「近年成長著しい中東の都市ドバイ」というキャッチフレーズはもはや時代遅れ。ドバイは今や世界有数の大都市に成長しており、止まることなく発展し続ける生き物のような都市です。林立する超高層ビル群やセレブ御用達の高級リゾートが建ち並ぶ中、新たな高級ホテルや個性的なビル等を日々建設し続けています。中心地から少し離れればアラビックな大砂漠や美しいビーチが広がり、アクティビティも充実。あらゆる人々のニーズに応えてくれるお勧めの旅行先です。

Recommended Information

  • 日本からのアクセス

    エミレーツ航空が成田・羽田及び関西より毎日直行便を運航しています。
    また、アジア系、中国系の航空会社も数多く運航しており、東京・大阪以外の空港からもアクセスしやすくなっています。

  • パスポート・ビザ

    パスポートの必要残存期間は入国時6ケ月以上です。日本国籍の場合、空港到着時、30日間有効なビザが無料で付与されます。

  • 気候

    10月から5月までは比較的過ごしやすく、平均気温は20~35℃です。
    一方、6~9月は暑く、平均気温は35~45℃、最高気温が50℃を超えることもあります。ホテルなど、建物の中はエアコンが効きすぎていることもありますので、夏でも重ね着用の長袖、ショールなどがあると便利です。

  • 通貨・両替・クレジットカード

    ドバイの通貨単位はディルハム(AED)、補助単位はフィルスです。
    1ディルハム=100フィルス 1USドル=3.6725ディルハム(固定相場制) 1ディルハム≒30円(2019年9月現在)
    ディルハムへの両替は空港やホテル、市内両替所等にて日本円やUSドルから可能です。
    また、ビザやマスターカード等のクレジットカードも使えます。但し、スークや一部のレストランでは利用できない場合もございます。

  • 予防接種・医療事情

    入国に際し、黄熱に感染する危険のある国から来る、生後9ヶ月以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が要求されています。乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が要求されています。ご旅行の際は渡航ルートを事前にご確認ください。
    厚生労働省検疫所ホームページ:https://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html#a

    UAEでは、外国人は私立病院で受診するのが一般的で、ホテルによっては常設クリニックや顧問契約のある医師や病院を持っている場合がございます。医療水準は中東諸国の中では比較的高く、風邪や急性胃腸炎など中程度までの疾病や怪我であれば治療も可能です。但し、医療費は高額のため、緊急移送サービスを含む十分な補償内容の海外旅行保険への加入をお勧めします。

  • 治安

    UAEはアラブ諸国の中では比較的治安が安定している国の一つです。但し、手荷物は常に手放さない、深夜の単独行動はしない等、基本的な注意は必要です。
    外務省海外安全ページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_042.html#ad-image-0

  • その他

    ※イスラム教徒が大多数ですので、肌を露出したお洋服は控えていただいたほうがいいでしょう。モスク見学の際、女性は髪の毛を出すことができませんので、ショールなどをお持ちいただくとよいでしょう。貸し出し(無料)もございます。また、男性も膝下を出すことができませんので、長ズボンを御用意下さい。
    ※人物の写真を撮る際は本人の許可を取ってから撮影するようにして下さい。特に黒い民族衣装をまとった女性に対し安易にカメラを向けたり話しかけたりすると、不敬な行為とみなされ、身柄拘束や国外退去等、厳しい処分が科される場合があります。また、軍事施設や空港などは写真撮影が禁止になっており、許可無く撮影すると身柄を拘束される場合があります。
    ※高級ホテルのレストランやカフェでは、通常、ランチやアフタヌーンティーでもドレスコードが設定されています。ご利用の際は事前にご確認ください。セミフォーマルな服を1着準備しておくと便利です。

Local Information