Ecuador(GALAPAGOS)
エクアドル(ガラパゴス)

Ecuador(GALAPAGOS)
エクアドル(ガラパゴス)

Ecuador(GALAPAGOS)
エクアドル(ガラパゴス)

TOP > ECUADOR

赤道直下にある南米の小国エクアドル。地球上のわずか0.2%の領土の中に、大西洋に面した海岸線や南北に走る6000m級のアンデス山脈、熱帯のジャングル、神秘の島ガラパゴス諸島と、非常に変化に富んだ自然を有しています。そのおかげで生物の多様性は世界のトップクラス。地球上の植物種の約10%、脊椎動物種の約11%、ハチドリ種の約35%がエクアドルに生息しています。
また、「世界遺産登録第1号」は自然遺産も文化遺産もエクアドルにございます。

Recommended Information

  • 日本からのアクセス

    米系航空会社を利用するのが一般的です。また、アエロメヒコもメキシコシティー~キト間を週12便運航しています。(2019年6月現在) 
    日本からキトへ直行する場合、通常、キト到着は深夜になります。遅延やロスバケなどのリスクを考慮すると、到着日翌日はキトに滞在される方が安心です。

  • パスポート・ビザ

    パスポートの必要残存期間は入国時6ヶ月以上です。観光目的で90日以内の滞在であればビザは必要ありません。
    ※米系航空会社を利用する場合は、米国のESTA又は米国ビザが必要となりますのでご注意ください。

  • 気候

    エクアドルには地域に応じて4つの気候が存在します。赤道直下のため四季はありませんが、いずれの地域も紫外線は強烈です。
    ◎ガラパゴス・・・5~11月は雨が少ないですが、曇りがちで気温も低め(20~25℃)です。一方12~4月は天候も良く、夕方からスコールが降るため雨量も多く、日中は30℃を超え蒸し暑くなります。
    ◎キト(山岳地域)・・・年間を通じて20度前後で湿度も低く過ごしやすい気候です。5~8月は非常に乾燥しており、25℃を超えることもあります。9~4月は午後から雨が降ることが多い時期になります。
    ◎グアヤキル(海岸地域)・・・年間を通じて25度前後で蒸し暑い気候です。特に12~4月は雨も多く降ります。
    ◎アマゾン・・・高温多湿の熱帯雨林性気候です。

  • 通貨・両替・クレジットカード

    自国通貨として米ドルを採用しています。米国発行の紙幣やコインはそのまま利用できますが、50ドルや100ドル紙幣はほぼ使用することができません。一方、エクアドル発行のコインは他国では使用できませんのでご注意ください。
    クレジットカードやATMでのキャッシングサービスは、機械が設置されていても機械トラブルや通信状態等により使用できないケースがほとんどです。米ドルの小額紙幣を多めにお持ちいただいた方が安心です。

  • 予防接種・医療事情

    エクアドルは「黄熱に感染する危険のある国」です。渡航ルートにより、黄熱予防接種証明書(イエローカード)の携帯が入国要件となる場合がございます。詳細は以下のサイトにてご確認ください。
    厚生労働省検疫所ホームページ:https://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html#yo
    医療技術は日本や欧米に比べると高いとはいえず、特にガラパゴスの場合は空路での緊急搬送が必要となるケースも発生しています。万が一に備えて、救援費用の補償が十分な海外旅行保険に加入されるようお勧めします。

  • 治安

    エクアドルは中南米の中では比較的治安の良い方です。しかし、近年、旧市街など一部の地域で治安状況の悪化が見られます。夜の一人歩きを避ける、貴重品からは目を離さない、高価なものを身につけて出歩かないなど、基本的な安全対策を講じてください。
    外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_243.html#ad-image-0

  • その他

    ※カメラ、ビデオカメラ、携帯電話、タブレット端末、ノートパソコンはそれぞれお一人につき1台までしか持ち込むことができません。携帯電話の場合、エクアドル内で繋がるかどうかにかかわらず、一人1台までです。
    ※キトの標高は2850mで、高山病への注意が必要です。ゆっくり行動する、アルコールの摂取を控えるなどの予防対策を講じましょう。

Local Information